« 綿大島紬のVネックプルオーバー | メイン | 麻絣のビッグシルエット チュニック »

2013年8月16日 (金)

浴衣地のホームウェア

暑いですねぇ。毎年最高気温を更新している、日本の夏 「恐怖の夏」 ってところでしょうか。   
気が付けば、お盆も終わり。    
それでも、クーラーをフル回転させてるもんで、ダラダラしているのは勿体無く、縫い物は続行中です。    
更新が遠のきましたが、ワンピースとかチュニック、パンツの基本サイズの縫製を、お盆までには何とか完了させることができました。これさえ出来てしまえば、後は布によって変化をつけるだけです。

さて、今日はこの時期にピッタリな、裁つのも縫うのも簡単で見た目にも涼しい?浴衣地のワンピースをご紹介。 

yukata_OP_201308_01

手元にあった1m長さ4枚の浴衣地反物のハギレを目一杯使って。   
至ってシンプルでカーブは一つもありません。    
中心に同じ柄が並んでしまったのは、端のみみを含めて裁ったからです。 

yukata_OP_201308_02

どちらの面を前にして着てもいいように、片面はスクエア、もう片面はVネックにしました。   
衿ぐりの深さはどちらも同じにしています。    
カーブが一箇所も無いなら、わざわざパターンを引かなくてもいいし、印付けも不要なんで暑い夏には楽チンな裁縫モンです。途中、汗も拭いたりできるし?(笑) 

真っ先に2枚の布を、衿ぐりの中心位置から裾までミシンで縫い合わせてから、その2枚を中表に合わせたまま、他の辺を裁っていきます。

yukata_OP_201308_03

衿ぐりを裁ったら、肩の傾斜線は縫い代を含め布端一杯まで伸ばし、そこから直角に降りたら袖ぐりです。   
その袖ぐりの長さは19cmあれば大丈夫だと思います。    
後は袖ぐり下から裾まで真っ直ぐにカットするだけ。    
このように、どうしても身頃脇はカットされますが、今回のは38cmの布幅2枚繋いでも、身頃幅は64cm確保できました。    
また、衿ぐりの見返しは別布を使っています。 

綿100%の浴衣地なら洗濯機で洗えるし、   
衿ぐり以外は前後共通だからアイロン掛けも楽だし、    
手の早い方なら一日で縫えちゃうし、    
まだまだ暑い日は続きそうだし、   
なので、お手元に布があれば是非作ってみては如何でしょう。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.mitelog.jp/t/trackback/241333/31786557

浴衣地のホームウェアを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

管理人の他サイト

管理人の他のアカウント

Facebook Twitter

おすすめ作家&ショップ

clustrmap

Powered by Six Apart

ninja analyzer