2010年10月 4日 (月)

分類式カードポケットのレシピ

お久しぶりです。m(__)m &(^^;
涼しくなった途端ずっとバタバタとしていましたが、それでも着物リメイク服のパターンとその試作服を完成させました。
なんたって服の製図と縫製は遥か大昔以来なので、予想通り悪戦苦闘してしまいまして、思わぬ日数を費やしてしまった次第です。
まぁ、この服作りの話はいずれってことで。

続きは確かカードポケットのレシピですね^^ ( 自分でも呆れるこのいい加減さ )。

先ずは前回アップした最後のパターン図からポケット布を仕立てます。

Cardcase_recipe1

ポケット口を 「わ」 にして裁ち、底辺だけ縫って筒状にします。
縫い代を割って表に返したら、縫い目を縫い代分ずらしてアイロンで押さえ、口辺にミシンステッチをかけておきます。
画像左の白い接着芯を貼ってあるのが裏側、それを表に返したのが右になります。
ポケット3室作りますので、これを6枚用意します。
同じものですが縫製手順が分かるように、それぞれ①~⑥と個別番号をふっときます。

Cardcase_recipe2

次にパターン内にある点線部分で、2枚ずつ縫い合わせていきます。
この2本の点線の間隔が重要で、カードを縦に挿してぴったり収まる 5.8cm にします。
後で縫い合わせる底のミシンが掛け易いよう、下から1cm程の所が縫い終わりとなっています。
①は本体に、②と③、④と⑤、⑥は扉布の内布と組み合わせて。
この後、扉布の内布と外布 (試作画像では書生絣の部分) を中表に合わせ、底辺以外を縫って扉布を仕上げておきます。

Cardcase_recipe3

ポケット布の左右を繋いでいきます。
今度は出来上がりとは逆向けに、①と②、③と④、⑤と⑥の組み合わせで、左右の辺を縫い合わせます。
画像は①と②の左右を縫ったところ。
それをくるっと表に返すと、

Cardcase_recipe4

こうなります。
これを繰り返して、全部縫ったのが、

Cardcase_recipe5

これです。
後は押さえのステッチを兼ねて口辺以外の3辺をコの字にミシンを掛ければ、ポケット部分の出来上がり。

Cardcase_recipe6

最後にポケット布6枚の底角を束ねて、手縫いでまとめて固定します。

Cardcase_recipe7

扉布の底は、本体とその別布で挟んで縫って始末します。

Cardcase_recipe8

点線間には頻繁に使うカードを縦に一枚挿しすることにして、

Cardcase_recipe9

その他諸々のカードや割引券等は、分野毎にまとめて収納すれば便利なはずです、多分。
ざっとレシピは以上です。

さて、今後のハンドメイドについてなんですが、今は着物からリメイク服を作ることに夢中になっていまして、挫折や飽きが無い限り、服作り時々バッグ・ポーチになるかと思います。
バッグなどは新アイデアが浮かんだら、勿論パターン・レシピをご紹介させていただきますが、服に関しては当面完成画像のみになりますので、またこんな感じでもご覧頂けたら幸いです。

2010年8月31日 (火)

ショッピングポーチバッグと分類式カードポケットのパターン

猛残暑お見舞い申し上げます。
明日から9月だっていうのに、まだまだ暑くてもううんざり。
喋るのも億劫になって、昨日なんか無表情&無感情状態。( ̄ε ̄;)
おっさんのことを 「中東ミイラ」 と、こっちがからかうどころじゃなくなっちゃいました。

さてさて、またもや間が空いてしまいましたが、今日は前回ご紹介したショッピングポーチバッグのパターンと、その背面部分の種明かしです。
本体の外観は、前回アップした画像でご確認ください。

問題の背面部分は、

Cardcase_detail

じゃじゃあ~ん!カードポケットなのでした。
いろんな所で買い物をしてると、スタンプカードとか割引券などが溜まってくるじゃありませんか。
一枚ずつ挿して収めるファイルタイプも見易くて良いのだけれど、私の場合抜き差しが面倒になったり、ポケット数が足りなくなったりするので、それならと大きく分類してまとめておくカードポケットを作ってみました。

レザーや合皮の財布に見られる、蛇腹のマチも考えたのですけど、布だと縫いにくそうなので断念。
極力シンプルにと考えたのが、一枚ずつ縫い合わせるだけで出来ちゃうハニカム構造です。
単体のカードケースとしても、またワンマイルバッグの内側に縫い付けても使えると思います。

では、順にパターンを以下に載せます。
但し、原寸大で製図しましたが、ここにアップした時点でサイズが変わっているかもしれません。
もしお使いになる場合、プリントアウトして一番下のカードポケット図の寸法が数字通りになっていなかったら、拡大縮小コピーで一致させてください。
その際は、同じ倍率で本体図もお忘れなく。

Cardpouch_front

本体前面のパターンとパーツの配置図です。縫い代は付いていません。
今回本体のマチ部分図は省略しましたが、試作では5cmのマチにしています。

Cardpouch_back_s

試作の本体背面パターンとカードポケットの配置図です。
一応載せておきます。(^^;

Cardpouch_back_r

同じく本体背面パターンとカードポケットの配置図ですが、こちらはマジックテープ留めにした改良版。
カードポケット扉布 (カバー) 上部を緩いカーブに盛り上げて、マジックテープスペースを確保しています。

Cardpouch_pocket1

この2点は上の本体背面図から抜き出した、カードポケット扉布のパターンで縫い代付き。
マジックテープ留めタイプと試作の紐巻きタイプの両方です。

Cardpouch_pocket2

最後は2タイプ共通の本体前面のフラップポケットと、背面のカードポケット。こちらも縫い代付き。

次回はカードポケットの縫製手順をご説明します。
少々縫い難い箇所もありますが、手順は至ってシンプルですので、是非お一つ作ってみてはいかがでしょうか。

管理人の他サイト

管理人の他のアカウント

Facebook Twitter

おすすめ作家&ショップ

clustrmap

Powered by Six Apart

ninja analyzer