« 2013年8月 | メイン | 2013年11月 »

2013年9月 9日 (月)

麻絣のビッグシルエット チュニック

残暑厳しいという気象予測に反して、こちらでは9月に入った途端、割と涼しい日が続いています。   
猛暑の時期にエンヤコラと服を縫ってましたから、涼しくなった今はシンプルにストールでも作ってみようかと考えていているところです。

時期が大幅にずれてしまいましたが、今日は梅雨の頃に縫ったチュニックをご紹介。 

kasuri_TN_201309_01

画像修正を目一杯してもこの通りの、色あせ・ヨレが満載だった麻絣単衣からリメイクした、ゆったりサイズのチュニックです。   
どんだけゆったりしているかと言いますと、反幅2枚繋げたうえに、更に左右に半幅を足した身幅80cmを超えるサイズ。    
吊るしたハンガーなんて紳士用3Lサイズを使用しています。 

古布には独特の味わいがありますが、ここまで徹底的に着倒した布には苦労させられました。   
その凄さったら半端なく、3次元的に波打っているもんだから、印付け・裁断はまるでもぐら叩きをしながらの作業でした。

kasuri_TN_201309_02

アキは別布藍染無地を使って、短冊アキに挑戦。 

kasuri_TN_201309_03

短冊アキの縫い方はネットで調べると、どれも親切・丁寧に説明されていますので、ここでは一目瞭然的にポイントだけ。   
身頃本体に切り込みを入れたら、左右をやや長めの短冊布 (藍染無地) で始末します。 

kasuri_TN_201309_04

後は身頃の縫い代を間に挟んで、上からステッチで押さえ縫いして出来ちゃうんですねぇ。   
思っていたほど難しくは無かったので、今後も取り入れてみようと思います。 

次回もまた服のご紹介です。(^^

管理人の他サイト

管理人の他のアカウント

Facebook Twitter

おすすめ作家&ショップ

clustrmap

Powered by Six Apart

ninja analyzer