« 2008年10月 | メイン | 2008年12月 »

2008年11月24日 (月)

蓄熱式暖房機取り付けました

立て続けに出費しております。(^^;
先日の中古プリンタは届いてから直ぐに、Windowsから動作確認も済ませ、19インチモニタも近くのPCショップより購入して、メインでバリバリ使用していますが、今度は桁違いの大物を購入してしまいました(汗)。
それは蓄熱式暖房機 ( 以降、略して蓄暖 ) と言いまして、電気代が1/3になる深夜の間に、内部のレンガを蓄熱し、日中はその放熱によって部屋を暖める暖房機です。
蓄熱している時間帯でも若干の放熱があるそうで、朝起きた時には室内は暖かくなっています。

うちは断熱材が組み込まれているものの、基本的に古い木造住宅。
これまで住んだことのあるアパート・マンション、鉄骨構造の住宅に比べたら、この1階は遥かに寒い。
引っ越して最初の冬はこんなもんかと我慢しましたが、二度目の冬はエアコンとファンヒーターをフル稼働している状況下でもさほど暖かくもない事から、高い暖房費は垂れ流しているような感覚を持ち、何とかしなければと対策を考えました。
三度目の冬 ( 今年1月 ) には、蓄暖を設置している町内会長宅へお邪魔して、その暖かさを実感。
まさに陽だまりのような暖かさに感動してしまいました。

もうこの暖房しかないと思い、先月末に販売店とメーカーの担当者を呼んで、設置が可能かどうか下見してもらった結果、OKが出たので契約。
うちは町内会長宅ほどの気密性はありませんし、座敷と仕事場、キッチンの計約30畳のスペースをセミオープンにしているので、適応面積より大きめのタイプを2台設置となりました。
滑稽なことに1台は床の間に、もう1台は仕事場です。

さぁ、それからが大変。
工事日までに、設置場所の幅160cmの壁面と、その手前1mの空間を作らなければいけません。
床の間に置いてあった猫達の寝床棚を仕事場の壁面に移動し、そこにあったAVラックをクローゼットへ。
更に、クローゼットの中の棚を外の物置用としてシフトさせて、設置スペースを確保しました。
凄かったのは、AVラックを仕舞い込む為に、クローゼット内の物を全て引っ張り出した時のこと。部屋は足の踏み場も無い状態になって、何とも素晴らしい眺めになったんです(笑)。

家具は処分すること無く有効活用出来ましたが、問題は大量の物なんですわ、モノ~!!!
今では風化した情報のカタログや雑誌、お菓子の空き箱に、訳の分からないプラ容器等々。
資源回収にゴッソリ。
可燃・不燃ゴミにもゴッソリ出して処分しました。
布だけは、どんな小さなハギレでも捨てられませんでしたが。(^^

そして21日は待ちに待った設置工事が完了。
床下補強工事もあって、猫6匹と私がキッチンに軟禁状態を強いられた間は、ずっとテレビを観ているわけにもいかず、冷蔵庫内を念入りに掃除するなどして時間潰し。
翌22日の夜から蓄熱がスタート。
柱や壁まで温まる5~6日後からが、蓄熱の本領発揮となるそうですが、既に現時点で寒さは感じられません。

高額な初期費用の発生、広い設置スペースを要するなど、デメリットも確かにあります。
また、暖房費がどれだけ節約できるかも分かりません。
しかし、他の暖房器具とは違う、質の高い暖が得られる気がして、厳冬期にはどれだけ差が出るのか楽しみでもあります。

2008年11月 4日 (火)

今月もバタバタしそうです

本家猫ライブサイトをリニューアルしてから、ハンドメイドの方もお休みしている間に、あっと言う間に日にちが経ってしまい、随分と更新が遠ざかってしまいました。
その間、他所様の周辺機器選びを手伝っていたのですが、自分のとこが先にエライことになってしまったんですよ。

2台ある内の1台のCRTモニタが時々真っ暗になったり、コーティングが剥がれてきたりで、廃棄決定。
それと、15年前にモニターに当選して、タダで貰ったインクジェットプリンタ(E社MJ-5000C)も、見るも無残な印字品質となって、こちらも処分することに。

そこで、今月買い替えとなったわけで、どれにしようかネットで調べてたわけです。
液晶モニタはワイドが主流みたいですが、うちの場合それにすると、PCのグラフィックボードも入れ替えなきゃいけないし、デュアル使用で片方がワイドっていうのも何か変ですよね。
なので、ワイドを避けて19インチの液晶を検討中。

一方、思いっきり悩まされたのはプリンタ選び。私の条件の、
・現行品であること
・モノクロレーザータイプ
・長尺紙出力対応(型紙を貼り合わす事無く1枚で出力したい為)
・実売価格が5万円以下
をクリアしたのは、E社とX社の各1機種だけ。

更に、出来ればOSのバージョンが、9.2で止まっているPowerMacG4からも出力したい。
となると、X社のプリンタにオプションのポストスクリプトと、メモリを増設すれば可能なのですが、このオプション品の値段が高すぎて断念。

仕方なく、Windowsマシンから出力することにして、E社にするかX社にするか、振り出しに戻って迷うこと一週間。
両社にも電話して、仕様確認もしました。

ところが!この前の連休中に、オフィス機器のネットショップで、X社の中古プリンタを発見。
必要なオプションも付いているし、カウンターも1000台と極少だし、価格も予算内。保証も有る。
お得な中古品は早い者勝ちですから、即効でポチしちゃいました。(^^

今週中には、その35kgの塊が到着する予定。
設置スペースを確保しなきゃいけなくて、どう室内を模様替えするか、只今頭を抱えております。

管理人の他サイト

管理人の他のアカウント

Facebook Twitter

おすすめ作家&ショップ

clustrmap

Powered by Six Apart

ninja analyzer