« 2020年6月 | メイン

2020年12月31日 (木)

市販のパンツを違うデザインにリメイク

お久しぶりの半年ぶりの更新です (;'∀')。
今年の作品は今年の内の更新ということで、2020年最後の大みそかに滑り込み致します。

今年は新型コロナの影響で、仕事や生活のスタイルががらりと変化した方も少なくないと思います。
私も昨年末に始めたデイサービスでの手芸教室が、好評 (自分で言うのも何ですが) を得ていたのに、感染防止の観点から廃止となりました。
あとは関わっている法人の申告や手続きでバタバタしつつも、テレワーク支援?のテレワークに取り組んでみたりして、ハンドメイドはちょっと遠ざかっていました。
結果を出せていたのは、スポーツジム通いでの筋トレですかね。
飽き性の私にしては、このコロナ禍でも一年以上続いており、腕力・脚力は目を見張るほどにアップ (笑)。
こんな訳でミシンの出番になったのは、クローゼットのカーテン縫いと、このリメイクパンツになります。

20201221_01

リメイク後の完成画像です。
数年前に迷彩柄にハマっていた頃、ネットオークションで柄が気に入った理由で落札したパンツが元です。
ウエストも裾もゴム入りのギャザーがたーぷり入った、ロングかぼちゃパンツといった表現が相応しい個性満載のシルエットでして、やはり着て歩くには抵抗がありました。
お値段も高かったこともあり、非常に面倒ですがリメイクを決行。

20201221_02

先ずはパターンおこしから。
手持ちのパンツから自身の原型を作成し、理想のゆとり分を加えた新パターンを作成。

20201221_03

脇ポケットをそのまま活かす為に、中心側を解いて左右に離しました。
ウエストも裾も解いてギャザーが無くなってフラットにしてみると、二人がすっぽり入りそうな超特大サイズが現われビックリ仰天。

20201221_04

新パターンを写し左右を縫い合わせ、改めてウエストにゴムを通し、裾を始末して完成。
ロングがぼちゃパンツがセミワイドパンツに生まれ変わりました。

最近、裾を縮めたパンツに人気があるようですが、手作りする時に気を付けたいのは、裾を脚ピッタリに縮めずに、ゆとりを持たせることですね。
歩行時に上にズリ上がった裾が下がらないまま歩くことになります (笑)。

年末年始に於かれても気の抜けない状況ですが、人生山あり谷あり。
こんな時こそ、人と差を付けるチャンスかと思います。
感染対策をして、気分だけでも前向きに新年を迎えましょう。
それでは良いお年をお迎えください。

管理人の他サイト

管理人の他のアカウント

Twitter

おすすめ作家&ショップ

clustrmap

Powered by Six Apart

ninja analyzer