« 2020年3月 | メイン

2020年6月13日 (土)

篭っているようでも、普段通りの毎日

今年は外出禁止で折角の行楽シーズンも残念なことになり、ようやく自粛解除されたと思ったら、鬱陶しい梅雨入りとなりました。
その梅雨が明けても、例年より暑い夏が到来するらしく、コロナ感染も勿論ですが熱中症には十分に気を付けて過ごしたいものです。
私なんぞは、普段から自宅でハンドメイドやPCの仕事をしているものですから、特に篭ることは何の苦にもなりませんが、生活が一変して大変な状況に陥っている人の為にも、早く経済が好調になってと願うばかりです。

今後、コロナが終息したとしても、人はマスクを携帯するだろうし、他人との距離には気を配るでしょうね。
あ、マスクと言えば、アベノマスク。当の総理だけなんであの 「鼻隠して口隠さず」 的な、ちっちゃなマスクを常にしているのか、TVで観る度に不思議&滑稽に思ってしまいます。
で、まさかその昭和の香りがするマスクが配布されるとはビックリでした。

一方、こちら福井県でもマスク購入券が県全世帯に配られたわけですが、価格はと言うと50枚入り一箱2,350円。
折角なので私は一箱購入したけれど、結構な数の世帯は購入を見送った為、結局余った2,350円のマスクは県が引き取ったとのこと。
問題はこの価格をどう見るかです。
日頃からマスクを常備している側からみると、早い時期に市場にマスクが適正価格で戻ることくらい予想できるわけですから、そんな値段では当然買いません。
経済なんてそんなもんですし、何でも与えれば喜ぶ時代ではありません。
強いて言うなら、マスクは入荷させといて、配布は2,000円の商品券にすれば有難いし、あの時代錯誤のマスクに税金投入するくらいなら、ポイント還元を延長してくれた方がよっぽど嬉しいのですよ。
色々文句並べましたが、いつまで経っても国民生活目線に沿ったことをしないのだなと言うことです。

202006_01

因みに我家で常備している物がこれら。
猫がいますからね。いくら可愛い存在でも衛生面では気を使います。

202006_02

こちらはウイルスと臭い対策家電。
生き物より臭いに敏感に反応します(笑)。

さてさて、実はハンドメイドは外出自粛期間中に再開していました。
次回はその内容のアップと、その後はまたコスメの紹介も挟んでいこうと思います。

管理人の他サイト

管理人の他のアカウント

Twitter

おすすめ作家&ショップ

clustrmap

Powered by Six Apart

ninja analyzer