« 悪戦苦闘した古布使用マルチケース | メイン | 試作いろいろ その1 »

2015年4月29日 (水)

縫い付け型ファスナーポケット

ゴールデンウィークに突入しましたね。

一応、暦通りにまとまった休日を頂いていますが、どんなに好天続きであろうと、何処へも出歩かずにハンドメイドに精を出す予定でいます。

その第一弾。

今日は前から作ってみたかった、丸っこい手提げの試作に取り掛かりました。

手が遅いものですから、連休明けには2点位完成させて、次回アップに漕ぎ着ければ良しとしましょう。

さて、前回ご紹介した古布ケース外側に設けた、ファスナーポケットの付け方とザクッとご説明します。

201504_01

まず、本体に見返しを縫い付けて、ファスナーの窓を作ります。

過去記事のようなくり抜きではなく、本体の布端とファスナーのみみを合わせる感じです。

ミシンは、横をスライダーが見える長さに、縦はファスナーの幅より5㎜程短い寸法でかけます。

うっすら見える白いチャコ線のところで布をカット。

201504_02

布をカットしたら、角に向けて鋏を入れます。

この後、見返し布を本体布の裏側に返して、一旦本体側は完了。

201504_03

次に、ファスナーにポケット布を縫い付けます。

画像では分かりにくいですが、ファスナーの裏面とポケット布の表面を合わせ、なるべくファスナーテープの端寄りにミシンをかけます。

スライダー寄りにミシンをかけてしまうと、窓からミシン目が見えてしまうので要注意。

ポケット布は希望の大きさに、縫い代と縦に5㎜ (キセ分) をプラスしたものが2枚です。

201504_04

裏に返したら、ポケット布を少々つまんで、スライダー寄りにキセをかけます。

201504_05

そして、いつの間にか刺し子された最初に作業した本体を置き、ミシンステッチで縫い付けます。

201504_06

いよいよ次は本体土台との合体です。

本体土台の取り付け位置とスライダー線を合わせ、画像内の水色のしつけ糸上にミシンをかけます (ファスナー下のテープ上)。

ポイントは、スライダーの所では下がって、コの字にミシンをかけることですね。

201504_07

表に返せばこのようになります。

後はポケット布同士の、両サイドと底を縫い合わせて完成です。

前回更新より一ヶ月経ちましたから、手順を思い出せず、どうしたもんじゃろと焦りましたが、さすが画像ですね。

今回の画像を処理しているうちに思い出しました。(^^;

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.mitelog.jp/t/trackback/241333/33372035

縫い付け型ファスナーポケットを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

管理人の他サイト

管理人の他のアカウント

Facebook Twitter

おすすめ作家&ショップ

clustrmap

Powered by Six Apart

ninja analyzer