« 2012年5月 | メイン | 2012年7月 »

2012年6月28日 (木)

キルトモチーフグラニー (何だか編)

爽やかな風は吹きつつも、一昨日辺りから日差しも強くなり、真夏を思わせるような気温となっています。

ここ数日、バッグの口部分の始末をどうしようかいろいろ考えてみましたが、結局無難な形に落ち着きました。
先ずは持ち手紐を取り付けるところからいきます。

201206_07

モチーフに繋いでいた藍無地木綿を紐に巻いて、上からミシンで固定。
持ち手取り付け作業はこれだけです。

201206_08

次にバッグの口部分のパーツがこれ。
和服コートに付いている飾りボタンの土台を拝借し、藍木綿でくるんでみました。
この土台にはボタン穴がありませんので、代わりにウッドビーズを付けています。(このような小さなパーツ作りは正直嫌いなアタクシ)
そして後ろに見えますのは、このボタンに引っ掛ける紐で、5mm巾×60cmを二つ折り。

201206_09

取り付けるとこんな感じです。
先にボタンを本体に縫いつけて、紐を引っ掛けるだけ。

201206_10

ガバッと大きく開くのは口だけじゃなくて、本体の大きさも。
バスタオル5枚詰め込んでもこの余裕。
どーするよ、また巨大バッグ作って(笑)。

201206_11

何だかなぁの全体像。
入れる物の量が少ないと、トゲトゲしてご機嫌斜めになります(汗)。
手縫いで繋がず普通にミシンパッチするとか、持ち手紐も2本に分け、モチーフに直接縫い付けた方がすっきりして良かったかも。

201206_12

ウレタンマットみたいな裏側(笑)。

201206_13

今回のバッグ作りのヒントとなったのがこのバッグ。
10年ほど前だったか、図書館で借りた下田直子氏の本のバッグがどうしても欲しくて作ってみたんですが、当時こんな田舎には手芸用ラフィアや洒落たビーズなど売ってなくて。
仕方なく園芸用のラフィアと市販の持ち手で代用したらゴワゴワの、本とは程遠いイメージになってしまいました。
でも、どこからが底だかはっきりしないファジイなシルエットが気に入っていて、古布で再挑戦したというわけです。

もう、作りかけが無くなって、今はちょっと開放された気分。
来月からは、しばらくリメイク服のアップが続きます。

2012年6月13日 (水)

キルトモチーフグラニー (苦戦編)

服作りの場合、布を裁ちミシン掛けを始めると、完成まで突っ走ってしまうところがありますよね。 これを3回も続けていたら、いつの間にか梅雨に突入していました (汗)。
こんなんじゃいつまで経っても他の事が進まないんで、良い天気に合わせ、ハンドメイドも中休みしての更新です。m(_ _;;m

今回は、去年末頃に取り掛かったバッグなのですが、口の部分 ( 開き防止 ) をどう始末しようか考えていて、あと一息のところで止まっています。
そんな状態ですので、今日は途中段階のアップです。

201206_01

キルト芯を挟んだ14cm角のコースター状のモチーフを22枚作成。
うち4枚は藍無地木綿を縫い付けています。

201206_02

これらをグレーのレース糸で、手縫いで繋いでいく。
キルト芯入りダブルは布団針を使っても力の要る、結構な重労働でありました。
勿論、昼間の貴重な時間にはせず、夕食後のTVを観ながらのコツコツ作業です。
あ、ガタガタの縫い目は見えなかったことにしてください。

201206_03

黒糸でもう一回。ミシンで言うなら、グレーが上糸で黒が下糸のように。
やってもやっても終わりそうも無い手縫い作業。先に冬が終わっていました。ヽ( ̄ー ̄ )ノ

201206_04

10枚繋いだバッグの片面。

201206_05

もう片面は12枚繋ぎ。手前の2枚多い部分がバッグの底になります。
2点をまた夜な夜な繋いで、バッグ本体が出来上がり。

201206_06

持ち手は、太目の芯を通した140cmの輪状。

タイトルとここまでの画像で、どんな形か想像がつきますでしょうか。
手間隙かかった割には、何だかなぁのバッグになっております。
次回の完成編で 「やっぱりね」 と、笑ってくださいまし。

管理人の他サイト

管理人の他のアカウント

Facebook Twitter

おすすめ作家&ショップ

clustrmap

Powered by Six Apart

ninja analyzer