« 2010年7月 | メイン | 2010年10月 »

2010年8月31日 (火)

ショッピングポーチバッグと分類式カードポケットのパターン

猛残暑お見舞い申し上げます。
明日から9月だっていうのに、まだまだ暑くてもううんざり。
喋るのも億劫になって、昨日なんか無表情&無感情状態。( ̄ε ̄;)
おっさんのことを 「中東ミイラ」 と、こっちがからかうどころじゃなくなっちゃいました。

さてさて、またもや間が空いてしまいましたが、今日は前回ご紹介したショッピングポーチバッグのパターンと、その背面部分の種明かしです。
本体の外観は、前回アップした画像でご確認ください。

問題の背面部分は、

Cardcase_detail

じゃじゃあ~ん!カードポケットなのでした。
いろんな所で買い物をしてると、スタンプカードとか割引券などが溜まってくるじゃありませんか。
一枚ずつ挿して収めるファイルタイプも見易くて良いのだけれど、私の場合抜き差しが面倒になったり、ポケット数が足りなくなったりするので、それならと大きく分類してまとめておくカードポケットを作ってみました。

レザーや合皮の財布に見られる、蛇腹のマチも考えたのですけど、布だと縫いにくそうなので断念。
極力シンプルにと考えたのが、一枚ずつ縫い合わせるだけで出来ちゃうハニカム構造です。
単体のカードケースとしても、またワンマイルバッグの内側に縫い付けても使えると思います。

では、順にパターンを以下に載せます。
但し、原寸大で製図しましたが、ここにアップした時点でサイズが変わっているかもしれません。
もしお使いになる場合、プリントアウトして一番下のカードポケット図の寸法が数字通りになっていなかったら、拡大縮小コピーで一致させてください。
その際は、同じ倍率で本体図もお忘れなく。

Cardpouch_front

本体前面のパターンとパーツの配置図です。縫い代は付いていません。
今回本体のマチ部分図は省略しましたが、試作では5cmのマチにしています。

Cardpouch_back_s

試作の本体背面パターンとカードポケットの配置図です。
一応載せておきます。(^^;

Cardpouch_back_r

同じく本体背面パターンとカードポケットの配置図ですが、こちらはマジックテープ留めにした改良版。
カードポケット扉布 (カバー) 上部を緩いカーブに盛り上げて、マジックテープスペースを確保しています。

Cardpouch_pocket1

この2点は上の本体背面図から抜き出した、カードポケット扉布のパターンで縫い代付き。
マジックテープ留めタイプと試作の紐巻きタイプの両方です。

Cardpouch_pocket2

最後は2タイプ共通の本体前面のフラップポケットと、背面のカードポケット。こちらも縫い代付き。

次回はカードポケットの縫製手順をご説明します。
少々縫い難い箇所もありますが、手順は至ってシンプルですので、是非お一つ作ってみてはいかがでしょうか。

2010年8月 7日 (土)

ショッピングポーチバッグを試作

暑いですねー。何この容赦無い暑さ!
あんまり暑いんで外出する気になれなくて、予定が大幅に狂っています。
それでも家でじっとしていると余計暑く感じるので、連日単純労働に励んで不快感を紛らわせておりました。
朝はハギレ化した古布の洗濯、午後からアイロン掛け、そして夕食後から就寝までは次の古着物の解体、の繰り返し。
布の整理が終わったら、今度は洗濯おばさんやってんのもいい加減飽きてしまって、今月はボチボチでも製作を開始したいところなんですが、こうも暑いとオツムにエンジンがかかりません。

と言うのも、実は前々から着物リメイク服にチャレンジしたいと思っていて、材料の着物だけでもと先に解いていたのですが、問題はその製図なのです。
20年位前に洋裁本のパターンから自分の服を何枚か縫ったことはあるけれど、幅の狭い着物地だと自分でパターン起こさなきゃいけません。
手も遅いから、今からだと秋冬ものかぁ。素材はウールかぁ・・・
この暑さのなか、ウールの着物を膝に置いて解くって拷問だわよ(泣)。

そんなこんなで、暫くは過去にこっそり試作した物のアップになります。

Cardcase_front

スーパーへ行くだけなら、財布と携帯、畳んだエコバッグだけ入れば充分かと思って、無謀にも今人気の絣を使って試作したのがこのポーチバッグ。
このバッグを持ち歩くなら、モンペもはいたらどうよ!って言われそう(笑)。

ショルダーストラップを付けて斜め掛けとして、またエコバッグの持ち手にも掛けられるよう、両サイドにDカンを付けたのは正解だと思うけど、小銭を入れる為の外ポケットの形と、紐を下から巻いて留める構造に満足できず、パターンは修正となりました。

Cardcase_back

本当はこのバッグのデザインに、あるアイデアを合体して作っており、そのアイデアと言うのが背面の四角い部分。
一体何でしょうねぇ。(^^
その謎は次回から順にパターンと併せてご紹介します。

管理人の他サイト

管理人の他のアカウント

Facebook Twitter

おすすめ作家&ショップ

clustrmap

Powered by Six Apart

ninja analyzer