« 2ウェイバッグのファスナーポケットの縫い方 | メイン | 展示会に初参加しました »

2009年7月19日 (日)

2ウェイバッグのDカンタブと見返しの付け方

夏休みも始まりました。(^^;
今日は仕上げまで一気にご説明致します。

ポケットを縫い付けたら、斜めがけバッグとしても使えるように、本体にDカンタブを付けます。

2waybag_tab1

タブの長さは、本体折り山から底まで (縫い代含む) の長さに、Dカンを挟む折り返し分を加えたものになります。
画像下の裏側のように、本体に縫い付けて隠れる部分は一重でOK。
細長く裁って上を“わ”にすると、嵩張る縫い代が無いので縫い付け易いです。
画像上が表側です。

2waybag_tab2

本体両脇を縫い合わせてから、タブを縫い付けます。
その後、本体底→底マチの順に縫っていきます。

次は仕上げの見返しを付けます。

2waybag_cover1

持ち手を本体に仮止めしたら、左右を縫い合わせた輪状の見返しを重ね、本体にグルッと縫い付けます。

2waybag_cover2

見返し中央にマグネットを取り付けて、本体と同様の手順で縫った内布を中にセットし、見返し下にミシンステッチを掛けて縫い付け完了。
バッグ本体口にも押さえの端ミシンを掛けてください。

以上、今回のバッグのレシピは断片的でしたが、基本的にはトートバッグと縫い方は同じです。
ファスナーポケットは、ポーチ等小物類にも応用できますので、参考にして頂けたらと思います。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.mitelog.jp/t/trackback/241333/20647955

2ウェイバッグのDカンタブと見返しの付け方を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

管理人の他サイト

管理人の他のアカウント

Twitter

おすすめ作家&ショップ

clustrmap

Powered by Six Apart

ninja analyzer