« 最近の出来事 | メイン | ハギレで猫ベッド »

2007年11月23日 (金)

渦中のバッグです(笑)

今日はいよいよ先日の、問題となっているバッグをお披露目致しましょう。
生地提供者に差し障りがあるといけないので、画像は加工してあります。
とは言っても、柄が大きくシンプルな為に、画像処理ソフトのフィルタがどれも思い切った変化をしてくれず(爆)。
まぁ、このレベルだと柄の感じも容易に想像ができますし、公開も許容範囲だと勝手に思っておりますが。

元々この生地はギリギリ2点分が作れる長さしかなく、一つは実家の母へのプレゼントに、もう一つ作れれば自分用にと温存していたものです。
今はもう、私はこの生地に執着しておりません(笑)。
だってぇ、もし彼女が取りに来たらお揃いになるじゃありませんか。うー、頭が痛い。

Totebag2

では、生地の説明からいきます。
ベージュ系3色とモスグリーン系3色の計6色の、各7cm角のメンズライクな、大きなチェック柄です。
程よい光沢があり直射日光や強い照明が当たると、そのブロックの色が浮き上がってくる不思議な布です。
ヒントは、フランス・テーマは旅・名称はLから始まります。
ロゴはプリントされていませんが、正真正銘のブランド服地です。
お子ちゃまとお年寄りを除けば、知らない人はまずいないでしょう。

依頼主(一応)は、普段は自転車、天候の悪い雨や雪の日は徒歩での通勤とのこと。
仕事帰りに缶ビール6本入りパックを買うことも多いとかで、収容力のある大ぶりのデザインを要求しました。

サイズは横35×縦36cm、マチは20cmのショルダータイプ。
大柄を活かす為に形はシンプルなスクエア形にし、厚手のコートの上からでも掛けられるよう、持ち手の長さは50cmあります。
内布は撥水加工された黒色の生地を使い、開き防止に中央とサイドにスナップボタンを付け、取り外し可能な中厚の底敷も作りました。
画像だと地味に見えますが、実際はチャーミングに仕上がってます(自画自賛だわな)。

あらら、何だかオークションに出品しているような文章になりましたね(笑)。
でも、これは商品にして利益をあげてはいけないのです。
で、肝心の依頼者からは、いっこうに取りに来る気配がありません。
(彼女の家とはスープの冷めない、徒歩20秒程の距離です。玄関先で渡しても1分もかかりません)
年内にはマジで嫁ぎ先を見つけないといけないかもね・・・

さてさて、話はここ数日の縫い物に変わります。
何を血迷ったか、昔パッチワークのベッドカバーを作ろうと思い立ち、ロールで購入していたキルト芯があったんですね。
布も増えちゃって、置き場が無くなったキルト芯を使って、2階のベッドカバーを作りました。
勿論、パッチワークはやる気が無いのでしていません。
既にミシンパッチされた布と縫い合わせてみました。

Cover

途中、畳んでエアコンの下に置いたら、早速プシャが。
フッカフカの布団のようなカバーだけど、これは2階用なのよね。
仕方ない。
明日から2日間でお転婆娘(プシャ)用の、ムッチャ可愛い猫ベッドを作ってみますか。
次回アップもどうぞご覧くださいませ。^^

追記

結局、画像のバッグは24日の夜、痺れをきらしたように取りに来られました。

(やっぱり、持ってきてくれると思っていたらしい)

もう、このタイプの女心には付いていけませんです(爆)。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.mitelog.jp/t/trackback/241333/10708733

渦中のバッグです(笑)を参照しているブログ:

コメント

おおーー。これが皇室御用達品のショッピングバッグですか!!
Lで始まるブランドショッピングバッグって言うのがスバラシイ。
このバッグにバケットや花ではなく、
缶ビール6本入パックが入るってのもなんだかおされ~です。

実は私も先日毛糸衝動買いしてしまいました。
10玉入りの毛糸のワゴンセール(1袋2480円)を見つめていたら、
フロアマネージャみたいな人に
「今からタイムセールス、全品1000円引き!!」と
乗せられてしまい、ついつい2袋・・・
何を作ろうかと昔のスタイルブック引っ張り出してる所です。

>すえれん 様

どうです?皇室御用達のバッグは(笑)。
私が大騒ぎしたわりには、地味でありふれているでしょ。

で、ですねぇ。
ブログにアップしたら皮肉なことに、先ほど取りに来られました。
ここまで計算して作ってくれたのねぇと、驚いてましたわ。
やっと、ハンドメイドの良さを分かってくれたみたいです。
でも、次からはお断りと言っときました(笑)。

もう、毛糸のバーゲンですか。
お買い得だと、つい買ってしまいますよね。

あ、カギ針編みのカーディガンのレシピを今度アップしようと思いますので、是非ご覧くださいませ。

コメントを投稿

管理人の他サイト

管理人の他のアカウント

Twitter

おすすめ作家&ショップ

clustrmap

Powered by Six Apart

ninja analyzer